さんぷる歯科医院

Drill Video

それぞれの画像をクリックすると、各動画の視聴・詳細ページに飛びます。

おはよう

典型(てんけい)モデル

♪典型モデルが“適切(てきせつ)な長(なが)さ”で発音できるよう練習(れんしゅう)します(例:2型:きょう×3)。

応用(おうよう)① 行(い)き先(さき)

♪リズム型が同(おな)じなら、ほかの語も同じように発音できます(例:2型:きょう→駅→えき×3)。

応用(おうよう)② 日本の食(た)べもの

♪リズム型が同(おな)じなら、ほかの語も同じように発音できます(例:2型:きょう→蕎麦→そば×3)。

応用(おうよう)③ 文房具(ぶんぼうぐ)など

♪リズム型が同(おな)じなら、ほかの語も同じように発音できます(例:2型:きょう→糊→のり×3)。

2モーラの名詞(めいし)

♪アクセントが異(こと)なる2つの語を“です、ます”の文(ぶん)でも練習(れんしゅう)します(例:雨【a】/飴【b】)。

特殊音(とくしゅおん)を含(ふく)む名詞(めいし)

♪特殊音の有無(うむ)の違(ちが)いを“です、ます”の文(ぶん)でも練習(れんしゅう)します。

日本語のリズム&アクセント

♪ドラムビートに乗(の)って、早口言葉(はやくちことば)や詩(し)の朗読(ろうどく)を練習(れんしゅう)しましょう。

あらすじ

♪お菊(きく)さんは「番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)」という恐(おそ)ろしい昔話(むかしばなし)の主人公(しゅじんこう)です。

家族の呼称(こしょう)

♪鈴木(すずき)さんが私の家族を紹介(しょうかい)します。 “です”もつけてください(例:父【a】です「ち˥ちです」)。

後(うし)ろの名詞(めいし)が3~4モーラ

♪“下(さ)がり目(め)”が後ろの名詞の最初(さいしょ)にあります(例:カラー写真(しゃ˥しん)。

後(うし)ろの名詞(めいし)が1~2モーラ

♪“下(さ)がり目(め)”が“前(まえ)の名詞”の最後(さいご)にあります。(例:ベトナム˥人)。

後(うし)ろの名詞(めいし)が1~2モーラ

♪【c】型のほか、【b】型も多いです。“下(さ)がり目(め)”はありません(例:日本語)。

後(うし)ろの名詞(めいし)が1~2モーラ

♪「~性、~的」はどちらも【b】型です(例:社会性(しゃかいせい)、社会的(しゃかいてき))。

マス形(けい)・辞書(じしょ)形・テ形・ナイ形

♪Ⅰグループの動詞(どうし)について、4つの活用(かつよう)形を練習(れんしゅう)します。

マス形(けい)・辞書(じしょ)形・テ形・ナイ形

♪Ⅱ&Ⅲグループの動詞(どうし)について、4つの活用(かつよう)形を(れんしゅう)します。

形(かたち)が似(に)ている動詞(どうし)のテ形(けい)

♪違(ちが)いをはっきりと発音しましょう(例:来て2【a】/聞いて21【b】)。

普通形(ふつうけい)

♪“辞書(じしょ)形・ナイ形・タ形・ナイ形+なかった”の順(じゅん)に発音しましょう(例:する・しない・した・しなかった)。

可能(かのう)

♪ “辞書形(じしょけい)・可能形・辞書形+ことができる”の順(じゅん)に発音しましょう(例:する・できる・することができる)。

スル動詞(どうし)

♪「スル動詞+ことです」から、決心(けっしん)をあらわす「スル動詞+ことにします」を練習(れんしゅう)します。

Ⅰグループのテ形(けい)

♪Ⅰグループの動詞のテ形のほか「もっと、ちょっと(21【a】)」「いっしょに(22【b】)」のリズムとアクセントも練習(れんしゅう)します。